ウサギの基礎知識 ウサギを飼う前に知りたい事

【大切】初めてウサギを飼う時の相場や初期費用は約7万円は必要!?

スポンサーリンク


【ウサギの特徴・性格】を理解して自分に合うウサギを飼いましょう!で、ウサギの種類や性格を分かっていたただけましたか?

自分が気になる・飼いたいと思うウサギさんを理解したところで、次に知ってほしいのがうさぎさんを飼うのにかかる費用。

これはウサギさんにも飼い主さんにも、とても大切な事なのでしっかりと理解してから購入するかの判断にして下さいね。

この記事で勉強する事

  • うさぎさんはいくら位?
  • うさぎさんのお迎えに最低限揃える用品などの費用は?
  • 初めて飼う場合のトータル費用は?
ではLet's study♪

ウサギを初めて飼う時に最低限必要な費用について解説

ウサギさんは本当に可愛くて癒してくれる存在で、人気がものすごくありますよね。
ですが、ただ可愛いとか飼いやすいからとか、あとはSNS目的で飼われる方も増えてきています。

ですが実際にうさぎさんを飼う時や、飼ってから意外とお金が掛かる事に気づく方も非常に多くて諦める方も手放してしまう方もいるのも実情です。

そこで、初めにうさぎさんに掛かる費用を先にきちんと理解して、「私は絶対大丈夫!」と思ってもらえたらいいなと思います♪

ウサギの生体の値段について

ウサギさんの値段は、品種によって違ってきます。
品種によって、性格なども違いますので自分に合ったウサギさんを見つけて下さいね♪
下の参考記事で品種・特徴・性格を参考にして下さいね

自分の好みの子が決まったところで、ウサギさんがいくらなのか見ていきましょう♪

<ペットで飼われている人気の品種と参考価格>

立ち耳のウサギさん

ネザーランドドワーフ

約3~7万

ジャージーウーリー

約3~7万

ドワーフホト

約4~7万

ミニウサギ(雑種)

約3千~1万

ミニレッキス

約2~5万

ライオンヘッド

約4~7万
たれ耳のウサギさん

ホーランドロップ

約4~8万

イングリッシュロップ

約4~7万

アメリカンファジーロップ

約4~7万

ヴェルベッティンロップ

約4~7万

ペットショップ屋さんよって、値段にバラつきがあります。
でも実際に見に行った時に「この子可愛い!!」と思えるウサギさんを見つけて下さいね♪

ウサギのお迎え前に準備する用品や費用は?

うさぎさんが決まったら、揃えないといけない物がたくさんあります。
用品も色々あるので、うさぎさんが来る前でも楽しむことができます。
自分好みの物を選んだり、ウサギさんがどうしてあげたら快適なのかなどを考えたりと楽しいですよ♪

でもどんな物がいるのかな~?

ウサギさんを迎える前に準備する用品について

ウサギさんが快適に過ごせるようにしてあげることが非常に大切です。
考え方は私たち人間と同じです。

<初めに必ず準備する用品&参考価格一覧表>

ケージ トイレ トイレ砂 ペットシーツ
約10000円前後 約1000~3000円 約1000円 約1000円
給水器 餌入れ 牧草入れ かじり木
約1000円

約1000~3000円

約1000円 約500円
ペレット 牧草 掃除用具 防寒・防暑グッズ
約700~1500円 約700~1500円 約1000~3000 約1500~13000円

ケージ(お家)

うさぎさんが一番長くいる場所になるお家です。
サイズも色々ありますが、飼うウサギさんの品種によって、大人になった時でも使える物が後々おすすめです♪

トイレ


うさぎさんのトイレです。すのこがあることで、足におしっこが付きにくくなります。
種類はプラスチック・陶器製の物があり、陶器製は汚れが付きにくいですが、価格が高めになっています。予算で決めると良いと思います。

トイレ砂

トイレの底にトイレ砂を敷くことで、おしっこを吸収してくれて、お掃除も楽になります。
消臭効果がある砂を使用すれば、臭いも抑える事ができます。

ペットシーツ

ケージの底面に敷くことで、トイレ以外でおしっこをした時や、糞もシーツの上に落ちるので、シーツごと捨てるだけなのでお掃除が楽になります。

食器

食器はペレットやお野菜を入れます。うさぎさんは食器に手を入れたり、ひっくり返そうとしたりします。
うさぎさんの怪我防止のためにも、重さがある陶器製やケージに固定できるものを選んであげると安心です。

牧草入れ

うさぎさんにとても大切な牧草入れです。
牧草を補充しやすいものを選ぶのが良いです。種類も陶器製やプラスチック製・木製があります。
木製は歯の病気を防止するためにもおすすめです。もしかじり木を別で用意する場合は木製以外でも可。

給水器

給水器はウサギさんを購入するお店がどんなタイプか確認しておくほうが安心です。
うさぎさんによって、ボトルタイプ、置き型タイプで好みがあります。
二種類とも一長一短ありますが、とにかくうさぎさんが今飲んでいるタイプを使用しているタイプが安心です。

牧草

うさぎさんの主食は牧草です。基本的に牧草は常にいつでも食べたい時に食べれるようにしてあげる事が大切です。
年齢によって牧草の種類も変わりますので、飼ううさぎさんの年齢に合わせて選びましょう♪

ペレット

ペレットは牧草では補う事ができない栄養を摂取するためです。食べるからと与えすぎると太ってしまいますので気をつけましょう。
量は年齢で違いますが、1日に体重の1.5%~3%位の量を朝と夜に分けて与えます。

かじり木

うさぎさんは物を噛む習性なので、ケージなどの固い物を噛んでしまうと、歯の病気に繋がってしまいます。
そこで噛んでも大丈夫な物を与えてあげることで歯の病気を防ぐ事ができます。

木の物や、牧草を編んだものなど色々あるので、ウサギさんが喜んでくれそうな物を選んであげましょう♪

掃除用品

うさぎさんのお家などをお掃除する時に必要になります。

掃除用スプレー・お掃除シート・ミニほうき・コロコロ・ミニスコップ・たわしなど。100均の物でも利用できるので費用はまちまちです。

お掃除スプレーなどは、専用のものを使用するのがうさぎさんに安心です。

防寒・防暑グッズ

うさぎさんは、寒さにも、暑さにも弱いです。部屋の冷暖房はもちろんですが、ヒーターやひんやりマットなども併用してあげることで、ウサギさんは快適に過ごすことができます。
購入するタイミングはウサギさんを購入する時期によって変わります。でも今後は必ず必要になりますので、近い季節に応じたものを用意してあげて下さいね♪

あと必ずケージのそばに温湿度計を置いて管理してあげましょう。

私の実際に掛かった初期費用は合計約71267円!

では私が実際にもも吉(ホーランドロップ)をお迎えに掛かった初期費用を参考にして下さいね。

私の初期費用詳細

・生体(ホーランドロップの場合)    45000円
・ケージ           12875円
・トイレ           886円
・トイレ砂          1000円
・ペットシーツ        898円
・給水器           993円
・餌入れ           847円
・牧草れ           1010円
・かじり木          677円
・ペレット          1600円
・牧草            1290円
・掃除用具          2165円
・防寒・防暑グッズ      2680円(ヒーター)

生体+用品=71267円

※うさぎさんの値段によって合計金額は変わります。

この他にウサギさんのペット保険に入る場合は、その分プラスになります。
我が家は、ウサギさんの医療費がかかる事が分かっていたので、その日に加入しました。
お迎えしたては、体調を壊しやすいので加入することをおススメします!

実際の初期費用はペット保険(アニコム)で年間35680円をプラスして、総合計106947円でした。

ちなみにペット保険は月払いにできたり、補償割合が2パターンあるのでプランによって金額も変わります

勉強したことのまとめ

皆さん、ウサギさんを飼うのは、意外と費用が掛かることがわかって頂けたと思います。

学んだこと

  • ウサギさんの品種によって値段が違う
  • 初期費用は約7万円は考えておくようにする
  • 安易に飼ってはお互いに不幸になる
  • できればペット保険も加入した方が安心

ただ可愛いから、飼いやすいと良く耳にするからなどの理由で飼ってしまうと、ウサギさんも飼い主さんも良いことはありませんね。
飼い始めると、初期費用いがいにも、毎月かかる費用もありますので、しっかりと考えて検討してくださいね♪

では次回までSee You♪

 

スポンサーリンク

-ウサギの基礎知識, ウサギを飼う前に知りたい事
-, ,

© 2021 うさぎの勉強部屋